娘は実は托卵の子だった。俺『実は知ってたんだ…娘が20になったら打ち明けようか…本当の父親に会わせたいし』 → ある日、指導員「実は娘さんが…」俺『え?』 → なんと…

この記事にコメントする
残り0文字です